肌が綺麗だと化粧も楽ちん~スキンケアが大事~

楽な方法で化粧をするために、食事や睡眠で美肌作り!

  • TOP
  • >
  • 肌荒れ対策

素肌を綺麗にすると隠す手間が省ける~楽な化粧を目指して~

メイク

時短メイクを紹介しましたが、肌が荒れている人の場合は難しいかも知れません。必要最小限の化粧だけでは、肌をカバーしきれないからです。綺麗な素肌を維持して、必要最小限の化粧だけで済ませるようにしましょう。時短と共に肌への負担も減らせます。

肌荒れを隠すための工程

ニキビ跡の赤みやシミ、凹凸を隠すときはコンシーラーとパウダーファンデーションを使います。グリーン系の色味を使えば、赤みやくすみを上手く隠せます。時短のためにパパっとできるリキッドファンデーションを使いたくなりますが、これは刺激が強いため、避けた方が良いです。また、前夜にニキビ部分に薬を塗ることも忘れないようにしましょう。

肌荒れを改善するにはこれが必要

綺麗な肌を保つためには、睡眠の質を確保すること、食生活を改善すること、低刺激性の化粧品を使うことが大事です。

すぐにできる化粧品の見直し

化粧品の見直しはとても大事です。肌荒れを防ぎ自分に合った化粧ができる以外に、化粧の工程数や時間を減らすことも可能です。綺麗な肌を維持しながら楽な方法で化粧をしたいという人は、まずは化粧品選びからはじめましょう。

生活習慣の改善で素肌を根本から綺麗にする

食事や睡眠といった生活習慣をすぐに切り替えるのは難しいかも知れません。しかし、少しずつ心掛けることで、素肌が綺麗になっていきます。

睡眠を改善するために心掛けること

たっぷりと質の良い睡眠を取るためには、どのようなことに心掛ければ良いのでしょうか。眠り方のコツを見ていきましょう。

長く眠るとそれだけ肌が綺麗になりますか?
長時間眠ったからといって、その分肌が綺麗になる訳ではありません。肌の新陳代謝は、熟睡時に起こっているからです。一般的に、入眠してから3~4時間後に新陳代謝が活発になります。つまり、入眠してからすぐに熟睡できれば、その分長く新陳代謝が行なわれて肌も綺麗になるのです。美肌のための睡眠で最も大事なことは、睡眠の質を高めることです。
肌に良い「睡眠の時間帯」はいつですか?
以前は、22~2時が肌のゴールデンタイムであると主張する専門家が多かったのですが、近年は違います。時間帯に関係なく、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されはじめるのは、入眠後3~4時間頃です。そのため、眠る時間帯ではなく睡眠の質があくまでも大事という見解に至っています。
夜なかなか寝つけない場合はどうしたら良いですか?
眠る前にテレビやパソコン、スマホの画面を眺めないことが大切です。これらの画面からは、ブルーライトが出ています。ブルーライトを見ることで交感神経が刺激されて興奮することが分かっているので、眠る1時間前は、これらの機器をなるべく使わないようにしましょう。また、ストレスが原因でなかなか寝付けない場合は、ホットミルクやハーブティーを飲むと良いです。ホットミルクに含まれているタンパク質には、不安を和らげる効果があります。一方ハーブティーでおすすめなのは、気分をスッキリさせてくれるレモングラスやラベンダー、カモミールなどです。自分好みのホットドリンクを見つけると良いでしょう。

肌荒れが酷いときに摂りたい食事

肌は健康のバロメーターの1つです。栄養の偏った食事を続けていると、皮膚や粘膜が弱くなり、老廃物も溜まりやすくなります。口内炎や吹き出物ができやすい人、顔色が良くない人は食生活を見直しましょう。ここでは、肌荒れに効く食事を紹介します。

タンパク質
タンパク質は肌を作ります。肉や魚、卵や大豆などから適量のタンパク質を摂取しましょう。タンパク質の1日の摂取目安量は、体重1キロに対して1グラムといわれています。50キロの人であれば、1日50グラムの摂取が必要です。脂身の少ない赤身、鶏のささ身や牛ヒレ肉、卵や大豆、シーチキンや魚介類などで摂取すると良いでしょう。
鉄分
鉄分不足も肌荒れを招いてしまいます。鉄分は動物性のヘム鉄と、野菜や海藻などの非ヘム鉄があります。非ヘム鉄はヘム鉄よりも吸収率が低いため、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂取しましょう。鉄分が多く含まれる食材として、レバーやあさり、ひじきや小松菜、高野豆腐にマグロの赤身などがあります。鉄分を摂取して血色が良くなると、肌に透明感や明るさが出て、目の下のクマも改善しやすくなります。
ビタミンやミネラル
綺麗な肌に必要なビタミンといえば、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。この3つには、抗酸化作用や代謝を高める作用があります。体内で生成される抗酸化物質は加齢と共に減少していきます。そのため、食べ物から摂取する必要があるのです。疲れやストレスで発生する活性酸素は、細胞を傷付けて老化させていくので、抗酸化物質を十分摂るようにしましょう。また、ミネラルは代謝の際に欠かせない物質なのでこちらも忘れずに摂って、新しい細胞の生成を維持するようにしましょう。
食物繊維
食物繊維には、体内に不要な物質や老廃物を絡め取って排出する効果があります。食物繊維が不足すると便通が悪くなり、老廃物や毒素が体内に溜まりやすくなります。代謝が落ちて、肌荒れや冷え性を招いてしまうでしょう。綺麗な肌を維持するために、食物繊維を多く含むおからや大豆、納豆や小松菜、えのきやブロッコリーなどを食べるようにしましょう。最近は、スムージーや野菜スープで摂取する人も増えてきています。

タンパク質やビタミン、ミネラルなどを摂っても添加物の多い加工食品や砂糖、油脂を多く含むものを食べていては意味がありません。代謝の際に、ビタミンやミネラルが多く消費されてしまうからです。また、良質な睡眠を確保するためにも、夕食は入眠の2~3時間前には済ませておきましょう。少しずつできることから、美肌を目指していくことが大事です。

TOPボタン

Copyright©2017 楽な方法で化粧を時短!素肌を美しくするメイク・スキンケアテク大公開 All Rights Reserved.