肌が綺麗だと化粧も楽ちん~スキンケアが大事~

時短なのに綺麗?化粧やスキンケアで手間をかけない方法

化粧するのは時間が掛かる!~ポイントを押さえて楽しましょう~

化粧品

化粧は女性のたしなみです。そうはいっても結構面倒なものですよね。特に慣れない人の場合、毎日の化粧に悩まされることも多いです。化粧の楽な方法を紹介します。

化粧を面倒に感じる人の声

どうせ落とすのに毎朝やるなんて…(26歳/女性)

頑張って化粧しても、夜には落とします。時間を掛けるよりも眠っていたいというのが本心です。旦那さんは化粧をした私よりも、すっぴんの私の方が好きだといってくれるので、私も甘えてしまっています。毎日丁寧に化粧をして、化粧を落とす人を見ると凄いなと思います。女子力高いです。

通常の化粧で必要な手順

多くの人が面倒に感じている化粧。しっかりと行なう場合、どのくらいの工程が必要なのか見ていきましょう。

  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • フェイスパウダー
  • アイブロウ
  • アイシャドウ
  • アイライナー
  • マスカラ
  • チーク
  • 口紅

化粧に掛かる時間をアンケート調査した結果、およそ半分の人が、30分~1時間半と答えています。毎朝これだけの手順を踏むのは面倒ですし、確かに時間も掛かります。時間がないときは、工程を減らして楽しちゃいましょう。自分に合った化粧の楽な方法を見つけて、コツを掴むことが大事です。

時短メイクはここを押さえる!

楽をしたいからといって、ただ工程を減らすだけでは手抜きに見えてしまいます。せっかく化粧をするのに、それでは意味がありません。少ない工程できちんと見栄えを良くするポイントをおさえる必要があります

ファンデーション
ナチュラルさを出すために部分メイクをする人もいますが、これはNGです。パーツだけが目立つため、かえって不自然です。「本当は、化粧が嫌いなのかな」「面倒臭いのかな」といった印象を与えてしまいます。そうならないように、ベースメイクは必ず行ないましょう。ファンデーションは肌に合っていないと、意味がないこともどうか忘れずに。
楽な方法としておすすめなのが、パウダーと繰り出し式です。鉛筆タイプは削るのに時間が掛かりますし、芯が折れたり硬くて肌が痛くなったりするので、急いでいるときや不器用な人には不向きです。また、マスカラタイプは失敗したときに直すのが結構大変です。眉を書くときは、ちゅうちょせずに一気に腺を引きましょう。迷いながら眉を書くと、腺が不自然になります。パウダーを付け過ぎないように、使う前に手元に塗って濃さをチェックしましょう。余分な粉は落とすようにします。眉頭から眉尻に向かって掻いていくと、自然な仕上がりになります。
アイメイク
目元は顔の印象をグッと引き締めるため、この部分に時間を掛けている人は多いでしょう。化粧のコツを覚えれば、アイメイクに掛かる時間も短縮できます。アイメイクに使うアイテムには様々な色がありますが、簡単な方法や時短で役立つのが、コーヒーの粉くらいに濃い「ブラウンのアイシャドウ」です。これをチップや筆で目のキワに塗るだけで、目元が引き締まります。まずはまつげの間を埋めて、その次に二重の幅の半分くらいまで塗ります。ライン上部を綿棒や指で軽くなじませると、自然に仕上がります。
リップ
口紅ではなく色付きリップやグロスを使えば、唇のうるおいもキープしやすくなります。化粧を落とすときも楽です。ファンデーションや下地リップの上から口紅やグロスを塗る人も多いと思いますが、この方法では時間と共によれやすくなってしまいます。ベタベタするのが苦手という人にも向いていません。色付きのリップは種類が豊富で保湿成分・美容成分もしっかりと配合されているので、まさに一石二鳥です。

あんなに工程の多かった化粧も必要最小限に留めると、なんとこの4つだけで済みます。なれてくると所要時間は、たったの5分くらいです。このくらいなら、化粧が面倒な人や苦手な人も抵抗なくできると思います。楽な方法を体で覚えて、時短を効果的に行ないましょう。

少し慣れてきたらこれをプラス

顔に立体感と温かさ、若さを出すためには、チークが必要です。入れ方によって子どもっぽくなったり逆にオバサンっぽくなったりするので、はじめから避けている人も少なくないでしょう。パウダータイプは難易度が高いので、パパっと済ませたいときやコツをつかむまでは、チークにも色付きリップを使います。色味は、ピンクベージュ系がナチュラルでおすすめです。リップ自体、余分なベタつきがないので使いやすいでしょう。左右の頬にポンポンと付けて、指で軽く広げたら出来上がりです。

化粧の手間を減らすアイテムが便利!

最近は、ファンデーションとスキンケアが一体になったものや、リップとチークが一体になったものがあります。工程や使うアイテムを減らせるので、手間と時間、費用を効果的に省けます。

化粧の前にはスキンケア~多くの工程どうにかならないの?~

メイクに必ずつきまとうのが、化粧前後のスキンケアです。スキンケアの時間が短くなると、面倒なメイクの手間も省けます。スキンケアの簡単な方法をチェックしましょう。

便利なスキンケアシート

シートだけで洗顔要らずのアイテムがあります。時間のない朝に便利で楽な方法ですが、肌をあまりケアできていない上に、こすることで肌に負担を掛けてしまう恐れがあります。毎日使うのは避けた方が良いでしょう。夜、メイク落としシートを使う場合は、汚れの落ちにくい目元にしばらく置いてから優しく拭き取ると良いです。アイメイクが、簡単にサッと落ちます。

オールインワンゲルならスキンケアの時間も短縮できる

一般的なスキンケアでは、洗顔後に化粧水や乳液を使います。また、浸透を良くするために、導入美容液を使う場合もあります。こうしたスキンケアが面倒な理由は工程が多いだけでなく、浸透のためにそれぞれ付けた後に2~3分置く必要があるからです。「肌ナチュール」のようなオールインワンゲルを使うと、手間を減らせるだけでなく、浸透のための時間も短縮できます。パパっとスキンケアとメイクを行ないたいという人に、打って付けのアイテムといえます。

TOPボタン